ニューガラスフォーラム・ロゴマーク
japanese.gif
english.gif
INTERGLAD
|HOME |NGF概要 |研究開発 |機関誌 |研究会等 |ニューガラス |用語集 |掲示板 |カレンダー |リンク |アクセス |サイト検索|
Asahi Glass Co., Ltd Nippon Sheet Glass HOYA Glass Nippon Electric Glass

若手懇談会第76回若手懇談会始末記


第76回若手懇談会は以下の内容で行われました。

日時:2004年7月16日(金)

場所:京都大学 桂キャンパス


講演:
 (1)「平尾研究室 概要説明」
    京都大学大学院工学研究科材料化学専攻  中西 和樹 先生
 (2)「酸化物を中心とする無機固体の光、電場、磁場などの外場誘起による機能付与」
    京都大学大学院工学研究科材料化学専攻  藤田 晃司 先生
 (3)「多孔質シリカ一体型分離媒体の企業化」
    (株) 京都モノテック代表取締役  水口 博義 先生

見学:平尾研究室および桂キャンパス

 中西先生の講演  藤田先生の講演  水口先生の講演  桂キャンパス(講演会場前)  桂キャンパス  懇談会

 参加者:21名(事務局2名除く)

内容:
 今回は京都(桂)にある京都大学桂キャンパス内の大学院工学研究科材料化学専攻の平尾研究室 を訪問して見学会を行ないました。まず、中西先生に研究室及び研究の概要についてご説明していた だきました。引続き、藤田先生より「酸化物を中心とする無機固体の光、電場、磁場などの外場誘起に よる機能付与」と題して講演頂きました。希土類イオンドープガラスへのフェムト秒レーザー照射による 空間選択的光還元や光の局在化に基づいた光機能性材料創製に関する最近の研究成果について紹 介して頂きました。
 そして水口先生より「多孔質シリカ一体型分離媒体の企業化」と題して講演頂きました。μmとnmの 2種類のサイズを同時に有する多孔質シリカの作成法と、それを用いた従来品と比べて低負荷圧で高 速分離が可能であるHPLC用カラムの性能と特徴について紹介して頂きました。また起業から製品化 までの流れで、必要な心得等もご教授頂きました。
 続く見学会は2つのグループに分かれて、展示パネルや設備を見ながらの研究室内の紹介と、京 都市内を一望できるキャンパス内高台からのすばらしい景観の見学を行いました。活発な質疑もあっ て盛況な見学会となりました。
 その後に行われた懇親会では、企業間の横の繋がりを持つべく活発な討議を行い、より親睦を深め た会となりました。今年の活動も残すところあと1回となりましたが、役員一同より良い懇談会を目指し ていく考えでおります。次回も大勢の方の参加をお待ちしています。



次回講演会のお知らせ 過去の講演会

若手懇談会のトップページへ戻る