ニューガラスフォーラム・ロゴマーク
japanese.gif
english.gif
INTERGLAD
|HOME |NGF概要 |研究開発 |機関誌 |研究会等 |ニューガラス |用語集 |掲示板 |カレンダー |リンク |アクセス |サイト検索|
Asahi Glass Co., Ltd Nippon Sheet Glass HOYA Glass Nippon Electric Glass



 「 ニューガラス産業の基盤整備および振興を図り、もって我が国産業の発展と国民生活の向上および国際経済の繁栄に寄与する。」 これは、1998年13号の本誌巻頭言でニューガラスフォーラム会長に就任した当社前社長の山中 衛は本フォーラム創立の目的をこのように振り返ったうえで、地球にやさしいニューガラスとはどんなものかを考えてほしいと提起している。果たして設立から30年を経たニューガラスフォーラムはその目的を達成できたのであろうか。
 ニューガラスフォーラムは1985年7月に任意団体として創立された。当時のガラス産業は従前の重厚長大な窯業から次世代産業への脱却を模索しており、新しいガラス材料が次々と誕生し新たな用途が提案された。この時代に誕生したニューガラスは市場を開拓し、会員各社の主力製品として成長を遂げた。
 一方でニューガラスフォーラム設立後に構築された国際ガラスデータベースINTERGLADは大きな功績を残した。それまで各研究機関が個別に保管していた膨大なガラス組成と特性のデータを収集し、それを体系化して整理し、研究者が自由に利用できるようにしたことにより研究開発のスピードアップやその結果として省エネルギーに寄与したことはまさに当フォーラム創立の目的に沿うものであった。1991年のリリース以来、現在に至るまで弛まなくデータ追加とシステムの更新を継続しておりガラス産業に貢献している。INTERGLADには海外利用者も増えていると聞く。彼らのニーズも取り込んでいけばさらに価値が向上するのではないだろうか。
 また、ガラス産業にとって最大の課題は素材の生産に膨大なエネルギーを消費するということである。今日のニューガラスは未だエネルギーの課題を擁していることを肝に銘じ、当フォーラムでは熔融プロセスに関する研究活動にも積極的に取り組んでもらいたい。
 我々の主たる市場、そして真の競合は海外にある。世界各国のニューガラスや製造プロセスを調査研究し情報提供したり、技術進歩を予測したり、それらに対抗できる産・学・官連携のプロジェクトをサポートする。一般社団法人となったニューガラスフォーラムには世界の動向に目を向けた活動を通して冒頭の目的を実現することを期待している。 

一般社団法人 ニューガラスフォーラム会長
HOYA株式会社
   代表執行役最高経営責任者(CEO)
          鈴 木  洋

ご提言、ご質問はこちらをクリックしてください。