ニューガラスフォーラム・ロゴマーク
japanese.gif
english.gif
INTERGLAD
|HOME |NGF概要 |研究開発 |機関誌 |研究会等 |ニューガラス |用語集 |掲示板 |カレンダー |リンク |アクセス |サイト検索|
Asahi Glass Co., Ltd Nippon Sheet Glass HOYA Glass Nippon Electric Glass

事業報告及び計画
2017年度事業報告書  2018年度事業計画

2017年度事業報告書
2017年4月1日より2018年3月31日まで
[T]事業の概要

ニューガラスフォーラムは、その使命である「会員各位に向けたよりよい事業活動」を継続し、さらには、2016年度から着手してきた諸活動の改革や運営方法の見直し等を進めながら、2017年度の活動を進めてきた。
  研究会は、テーマ企画内容の充実と参加しやすい環境創りを目的として、昨年度9月に合同開催を試行した結果、多くの参加を得ることができた。ニューガラス大学院は、講座構成の改訂後2年目であったが、昨年度同様に予定を上回る参加があった。国際ガラスデータベース(INTERGLAD)は、登録データ数の向上を図りつつ、操作性の向上、ネット環境への対応を行ってきた。利用者数は計画に対して増加した。また、昨年度に続き「廃棄物ガラスデータベース」に関するプロジェクトを受注した。機関誌は「産・学・官」からなる編集委員により年3回刊行されているが、昨年度の「学」からの増員に加え、2017年度は「産」から2名の増員を行った。従来以上の幅広い観点からの内容を含んだ機関誌刊行を目指していく。溶融シミュレーション研究会は、主にGICFLOWに関する課題や問題点を改善するための討論会と広義のシミュレーション技術に係わる講演会を開催した。その他の事業活動も概ね計画通りに推移した。

 以下、定款の箇条に従い、2017年度の事業報告を述べる。

1. ニューガラスに関する産業及び技術開発動向等の情報の収集及び提供 (定款 第4条第1項第1号関係)

 ニューガラスフォーラムの主たる活動(研究会、セミナー、講演会)や外部学会等で得た技術開発の動向や情報をホームページや機関誌“NEW GLASS”を通じて、会員へ情報発信した。ホームページの2017年度のアクセス件数は約1万8千件(2016年度は約1万6千件)あり、1988年4月の開設以来、累計で約43万件に達した。(2018年4月現在) 

2.ニューガラスの産業及び技術開発等に関する調査  (定款 第4条第1項第2号関係)

 外部の学会や講演会への参加、他団体や国家機関との交流活動等を通じて、ガラスに係わる
技術開発の調査およびその蓄積を行った。ガラス産業技術戦略2030年(ロードマップ改訂版)については、ロードマップに記載のマイルストーンの検証を引き続き実施中である。

3.ニューガラスに関する研究開発 (定款 第4条第1項第3号関係)

三次元光デバイス・ナノガラス研究事業     
 2016年度に引き続き、NEDO国家プロジェクト「ナノガラス技術」(2001〜2005年度)と「三次元光デバイス高効率製造技術」(2006〜2010年度)で得た成果と、これ等に関連して創案された新規技術の普及事業を継続した。具体的には、超短パルスレーザとガラスホログラムによる高速三次元一括加工(孔明、割断など)、及び2種類のガラス強化によるガラス開発を実施した。特に、新規開発の強化技術を中心に、本技術に関心のある企業との共同開発を通して、技術・ノウハウの提供等を進め、プロジェクトで得られた技術等の普及をはかった。

4.ニューガラスに関する講習会、講演会、セミナー及び研究会等の開催 (定款 第4条第1項第4号関係)

(1)研究会の開催  
 ガラス産業発展のための産学官交流の場、研究者・技術者育成の場として、本年度も昨年度に引き続き、以下の2つの研究会(内1回は合同研究会)を開催した。合同研究会は、両研究会テーマ企画の相乗効果を目的として開催したが、テーマ選定の効果を含めて多くの参加者を得ることができた(2016年度の両研究会参加者平均23名に対し45名の参加)。
@ ガラス科学技術研究会(主査:九州大学 藤野 茂 教授)   
 ニューガラス産業の基盤である「ガラス基礎技術の発展と普及」を目指し、大学・公的研究機関・企業における「ガラス技術の新たな展開や顕著な進展に関する話題」を取り上げて開催した。年間4回開催(内1回は合同研究会)し、参加者は平均23名/回(合同研究会を除く、2016年度は17名/回)であった。第4回に開催した「超精密研磨加工技術の最前線」は、従来から関心が高い分野の一つである”加工技術”に関する内容で、41名と多くの参加があった。
  第1回研究会:宇宙環境で必要とされるガラスの設計  (2017.07.19)13名(於:NGF)
  第2回合同研究会:ガラスと水:基礎科学と表面処理技術  (2017.09.29)45名(於:NGF)
  第3回研究会:ガラス・セラミックスにおける熱・音に関する新展開  (2017.12.06)14名(於:NGF)
  第4回研究会:超精密研磨加工技術の最前線  (2018.03.07)41名(於:NGF)

A 評価技術研究会(主査:神戸大学 内野 隆司 教授)    
 ニューガラスを中心に「ガラス製品の開発支援技術の強化と普及」に向け、ガラスの商品化において求められる「各種評価技術について、企業(メーカーとユーザー)における現状と課題、それらに関連する大学・公的研究機関の研究、類似材料の評価例など」を話題として取り上げて開催した。年間4回開催(内1回は合同研究会)し、参加者は平均17名/回(合同研究会を除く、2016年度は29名/回)であった。なお、2018年度から、主査は京都工芸繊維大学角野公平教授に交代する。
  第1回研究会:テラヘルツ波を用いた固体材料の分光,分析,センシング技術の最前線  (2017.08.03)12名(於:NGF)
  第2回合同研究会:ガラスと水:基礎科学と表面処理技術  (2017.09.29)45名(於:NGF)
  第3回研究会:ビッグデータ、AIを活用した材料開発と評価技術への展開  (2017.12.21)21名(於:NGF)
  第4回研究会:赤外線透過性材料とその用途展開  (2018.03.30)17名(於:NGF)

(2)セミナーの開催(主査:大阪府立大学 高橋 雅英 教授)     
 ニューガラス製品の研究開発に携わる研究者・技術者等を対象に、ガラス技術及びニューガラス応用製品について、話題性の高い最新技術動向等をタイムリーに紹介するセミナーを年間4回(第121回〜第124回)開催した。参加者は平均20名/回(2016年度は22名/回)であった。「医療機器、医療技術」に関する回の参加者は低調であったが、「ガラス精密成形」や「透明材料」を取り上げた回では多くの参加者を得て、全体的にはほぼ前年並みの参加者となった。2017年度からは主査は京都大学田中勝久教授から大阪府立大学高橋雅秀教授に交代した。
  第121回セミナー:医療機器や医療技術における材料  (2017.06.01)2名(於:NGF)
  第122回セミナー:ガラス精密成形と微細構造化技術の進展  (2017.08.30)29名(於:NGF)
  第123回セミナー:透明材料の軽量化・高強度化への挑戦  (2018.01.15)33名(於:NGF)
  第124回セミナー:ガラスの熱的挙動の解明とその応用  (2018.03.13)23名(於:NGF)

(3)講座の開催  
 ニューガラス大学院(委員長:滋賀県立大学 松岡 純 教授)    
 ニューガラスの研究・開発・製造・応用に携わる人材の育成に寄与するため、大学教員や企業の研究者・技術者等の各分野の一流講師によるガラスの基礎・応用技術に関する講座を2017年度も継続して開催した。前年度と同様、基礎は材料科学とし、応用は製造フローに沿っての製造技術を中心とした構成で、10月5,6日に基礎課程8テーマ、10月19,20日に応用課程9テーマの講座を東京・神田で開催した。受講者は83名で、前年度の91名に続き、期待人数を上回る参加数であった。従来主対象としている企業の若手研究者・技術者、および関連の研究開発を行っている大学院生の方々に加えて、勤続10年以上の方の受講が増え、講座後のアンケートにおいても満足をいただけた結果であった。

(4)若手懇談会の開催(会長:日本電気硝子梶@片上 優大)       
 2017年度は、メインテーマは「ガラスを極める」とし、年間4回(第126回〜129回)の講演会と年間5回の役員会を開催し、講演会では1回当たり3件の講演を実施した。参加者数は平均で19名(2016年度年度は18名)であった。第127回は見学会を実施し、浜松ホトニクス鰍フ豊岡製作所、中央研究所(静岡県浜松市)を訪問した。懇親会では、本会の目的の1つでもある、講師、参加者間との意見交換を行い、人的交流を深めることができた。
  第126回若手懇談会:大先輩に若手に学ぶ  (2017.05.17)14名(於:NGF)
  第127回若手懇談会:ノーベル賞を支えた技術とその活力 浜松ホトニクス竃L岡製作所、中央研究所<見学会・講演会>                                (2017.07.07)18名(於:浜松ホトニクス梶j
  第128回若手懇談会:ガラスの物性評価技術  (2017.10.13)25名(於:NGF)
  第129回若手懇談会:ガラスの特徴を生かした材料設計  (2018.03.05)17名(於:NGF)
  
(5)見学会の開催       
 2017年度は若手懇談会見学会と兼ねて、7月7日に浜松ホトニクス鰍フ豊岡製作所、中央研究所(静岡県浜松市)を訪問した。若手懇談会会員以外の参加者数は会員と事務局を合わせて7名であった。一方、ガラス関連の会員企業等を訪問する見学会も検討したが適切な見学先が見当たらず、実施には至らなかった。

5.ニューガラスに関連するデータベースの構築、維持及びその提供  (定款 第4条第1項第5号関係)

 国際ガラスデータベース”INTERGLAD”(委員長:東京大学 井上 博之 教授)
 データの新規収録と登録データの見直しを継続し、特性・構造データの総計で収録ガラス種は34万件を超えた。データの入力体制では、1名の離職があり補充を行った。INTERGLADの活用講習会基本・応用コースを各1回(6月と11月)開催し、また、11月に開催したガラス技術シンポジウムにポスター展示によるPR活動を行った。契約数は昨年同期比(77件)で増え81件となっている。INTERGLADの利用は1年単位の契約であるが、1月からニューガラスフォーラム非会員の利用料金アップの改定を行った。システム保守面では、6月にサーバーの更新を行った際、従来より処理速度が向上した。ネット環境、PC環境変化でインストール方法等も複雑になってきているが、マニュアル類の整備・改訂を進め利用し易さの改善に努めている。開発関係では、重回帰分析による最適組成設計の自動化、利用Webの拡張の検討を進めた。INTERGLADのユーザーである日本原子力研究開発機構(原研)殿の保有データをINTERGLADで利用するための検討作業の依頼があり(入札事業)、10月から作業を開始し2月末に納品した。

6.ニューガラスに関連する産業及び科学技術に関する機関誌の発行  (定款 第4条第1項第6号関係)

 機関誌“NEW GLASS”の発行(編集委員長:東北大学 藤原 巧 教授) 
 2017年度はニューガラスに関する国内外の新製品・新技術の紹介、内外のニュース、関連産業の動向、技術解説を内容とした機関誌“NEW GLASS”を年に3回(121号,122号,123号)発行し、会員、定期購読者(現在約90名)他に提供した。機関誌の発刊にあたって、産、学、官で構成された編集委員会を年3回開催したが、10月の委員会から産の委員を2名増員し、より充実した内容構成を図っている。

7.ニューガラスに関する標準化・規格化の調査研究  (定款 第4条第1項第7号関係)

  JIS原案作成団体として、1件の見直し・更新を実施した(JIS R 3257:基板ガラス表面のぬれ性試験方法)。高温ガラス融体の物性・特性の測定、評価技術等の規格化動向について、日本規格協会の情報を含めて継続実施した。ガラスに係わる測定・評価技術のJISについては、ICG(国際ガラス委員会)のTC18(第18技術委員会)等で新規技術の提案や既存技術の検討は継続されているが、標準化への顕著な動きは無かった。

8.ニューガラスに関連ある内外の団体、学会及び研究機関との交流及び協力  (定款 第4条第1項第8号関係)
 
 (1)経済産業省、NEDO及び材料関連6団体との情報交換会は3回開催され、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)、自動    車及び航空機産業の動向と研究開発等を題材として意見・情報交換を行った。
 (2)ガラス産業連合会(GIC)の各委員会等に参加するとともに、環境広報部会、環境技術部会、プロセス・材料技術部会に事務   局ならびに委員として参画し、ガラス技術シンポジウム開催(名古屋国際会議場)、大学・研究機関との交流活動(東北大学、   九州大学)を企画・遂行し、環境に関わる諸活動を予定通り実施した。
 (3)2018年9月に日本(横浜)で開催される国際ガラス会議(ICG)年会の開催準備の一環として拡大組織委員会(11月3日:名    古屋国際会議場、3月17日:東北大学)に参加するとともに、その内容を、ガラス産業連合会ならびにニューガラスフォーラム会   員等への情報発信(提供)を実施した。
 
9.前各号に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な事業  (定款 第4条第1項第9号関係)

(1)溶融シミュレーション研究会(主査:東京工業大学 佐藤 勲 教授)  
 2008年度から研修会として活動を行い、2015年度にはGICFLOW(*)の基本内容およびその取り扱いを目的とした教育目的の研修会活動をいったん終了し、溶融シミュレーション研究会として、主にGICFLOW会員限定の研修や内容の深堀のための研究会を実施してきた。2016年度後半から、GICFLOW会員以外のガラスの溶融シミュレーション技術者も対象とした内容に変更を行った。これは、GICFLOW使用過程で見つかった問題点や今後についての課題解決を図るための“討論会”と、広義のシミュレーション技術に関する講演や交流を図って知見を深めるための“講演会”で構成される。2017年度の討論会では、「電気溶融に係わるモデル検討」と「操炉データの統計学的解析」について実施した。また、講演会は以下のテーマで行い、参加者は平均24名/回であった。
  第7回研究会:燃焼解析事例、東京ガス千住St.見学および気中溶融バーナーデモ  (2017.07.27))28名(於:東京ガス)
  第8回研究会:溶融ガラスの数学モデルの進化、ガラス窯での酸素燃焼シミュレーション  (2017.11.09)20名(於:NGF)
  第9回研究会: 原料溶融の数学モデル、スターラ性能評価のための数値シミュレーション  (2018.03.27)24名(於:NGF)
          *GICFLOW:Glass Intelligent Cord/ Glass Flow Simulator

(2)気中溶解技術の普及   
 2016年度に引き続き、バーナーの普及活動を行った結果、酸素ボンベで実験できるようにした100g/時間の気中溶解バーナーに関して、数社から問い合わせがあり、1社に技術供与した。

[U]業務執行の概要    
1.総会
 2017年6月6日に(一社)ニューガラスフォーラム第7回定時総会を開催した。
   決議事項    第1号議案 2016年度事業報告案ならびに収支実績案及び決算案の件
             第2号議案 2017年度事業計画案ならびに収支予算案の件 
2.理事会
 2017年6月6日に第18回理事会を開催した。
   決議事項    第1号議案 2016年度事業報告案ならびに収支実績案及び決算案の件
 2018年3月19日に第19回理事会を開催した。
   決議事項    第1号議案 2018年度事業計画案の件
             第2号議案 2018年度収支予算案の件

3.事務局 
 役員・職員として2017年4月1日現在の人員は常勤役員1名・出向職員2名・嘱託職員7名・派遣職員0名・出向研究員(つくば)0名・嘱託研究員(つくば)1名・補助研究員(つくば)2名の計13名であった。2018年3月31日現在の人員は常勤役員1名・出向職員2名・嘱託職員7名・派遣職員0名・出向研究員0名・嘱託研究員1名・補助研究員2名の計13名となっている。

2017.4.1
現在
増減 2018.3.31
現在
常勤役員  1名  0名  1名
出向職員  2名  0名  2名
嘱託職員  7名  0名  8名
派遣職員  0名  0名  0名
出向研究員  0名  0名  0名
嘱託研究員  1名  0名  1名
補助研究員  2名  0名  2名
合計 13名  0名 13名



2018年度事業計画
2018年4月1日より2019年3月31日まで
(事業の概要)

 ガラス産業界では様々な環境変化にともない、“ニューガラス“への高揚感は、かつてほど大きく膨らむ状況には至っていないが、その一方で、情報通信分野、環境・省エネ対応等において、ガラスの高機能化や新たな用途開発等の面での裾野の拡がりは大いに期待できる状況にある。これらに必要とされる新たな技術開発の機運がさらに活性化し、大きな飛躍へとつながっていくことを期待するとともに、ニューガラスフォーラムでは、引き続き、産学官の連携に基づき、日本のガラス業界が世界に発信できる新技術・新製品等の創出に貢献できるよう、今年度も活動を進める。
 本年9月には、国際ガラス会議(ICG)2018年会が横浜で開催される予定であり、日本では14年ぶりの開催になる。ニューガラスフォーラムではこの会議に積極的に参画するとともに、これを契機として、新たなガラス分野の技術開発の機運高揚に貢献していきたいと考える。
 ニューガラスフォーラムでは、2017年度には、二つの研究会の合同開催を試行した。この試みが比較的好評だったことを受け、2018年度はこれを2回とし、両研究会の相乗効果とテーマの拡がりを期待して、参加者が参画しやすい環境を形成していく。また、技術動向を中心とした情報発信を目的とする機関誌”NEW GLASS”の刊行、主にガラス技術者の研究・開発のサポートツールとなるガラスデータベース”INTERGLAD”の運営と絶え間ない内容や機能の向上は、今後も重要な活動として、さらなる品質の向上を目指す。以上に加えて、ガラス技術者の体系的な教育活動としてのニューガラス大学院、ガラス関係若手技術者の啓蒙活動として位置づける若手懇談会は、これらの内容を継続的に見直しつつ継続していく。全体的には、これまでそれぞれ単独で活動を進めてきたニューガラスフォーラム内の諸活動間の連動を意識して新たな取り組みへチャレンジしていきたいと考える。

以下、定款の箇条に従い、2018年度の事業計画を述べる

1.ニューガラスに関する産業及び技術開発動向等の情報の収集及び提供 (定款 第4条第1項第1号関係)

 ニューガラスフォーラムの活動(研究会、セミナー、講演会等)や外部学会等で得た技術開発動向や情報を、当会が運営するホームページや機関誌”NEW GLASSS”を通じて、会員への情報発信を継続する。ホームページは、「シーズとニーズの出会いの場」と「メーカーとユーザーの積極的な情報交換の場」として運営されているが、開設してから20年を超え、閲覧者の活用とニューガラスフォーラムの運営をし易くするために、改訂の検討を行っていく予定である。

2.ニューガラスの産業及び技術開発等に関する調査 (定款 第4条第1項第2号関係)

 ガラス産業連合会で策定した「ガラス産業技術戦略2030年」について、策定当初に設定された主要なマイルストーンについて、分野ごとに、その実現性や妥当性について検証を進めていく。

3.ニューガラスに関する研究開発 (定款 第4条第1項第3号関係)

 三次元光デバイス・ナノガラス研究事業      
 2017年度に引き続き、NEDOプロジェクト「ナノガラス技術」(2000年〜2006年)と「三次元光デバイス高効率製造技術」(2006年〜2011年)で得た成果及びこれらに関連して新たに考案したガラス強化技術の普及を、製品化を含めて進める。特に、従来の手法とは原理が全く異なった新たに研究開発した2種類の本質的なガラスの強化技術の学問的解明と更なる性能の向上及び製品への適用に重点化して、会員数社との間で取組みを継続する。

4.ニューガラスに関する講習会、講演会、セミナー及び研究会等の開催 (定款 第4条第1項第4号関係)

(1)研究会の開催    
 ガラス産業発展のための産学官交流の場、研究者・技術者育成の場として、本年度は昨年度に引き続き、次の2つの研究会を開催する。一方で、ガラス系企業が、近年、製品開発重視の姿勢を強化している傾向と、基礎的な研究会への参加低迷により研究会の活動形態を見直し、2018年度はそれぞれの研究会を2回/年、合同研究会を2回/年に見直す。これにより、幅広いテーマの選定と講演内容の充実を図り、より参加し易い研究会を目指す。なお、2018年度に行なう合同研究会では、「ガラスの欠点解析」、「ガラスの融液」をテーマとする予定である。

@ ガラス科学技術研究会
(主査:九州大学  藤野 茂 教授)     
 ニューガラス産業の基盤である「ガラス基礎技術の発展と普及」を目指し、大学・公的研究機関と、企業における「ガラス技術の新たな展開や顕著な進展に関する話題」を取り上げるとともに、「最近の製品化事例」などを交えながら、産学官の第一線で研究開発に携わる方々を講師とし、企業(メーカーとユーザー)の発展に不可欠な「科学的理解と基礎技術の深化」について産学官が考え議論する場、あるいはニーズとシーズの出会いの場とする。対象とする基礎技術の範囲は、ガラス素材創製、ガラス構造、ガラス表面、溶融・成形・加工技術、計算機科学などが含まれるが、評価技術については除外する。本研究会を単独で開催する際のテーマは、「ガラスの構造」及び「非ケイ酸塩系ガラス、光関係または超残光蛍光ガラス」を予定している。

A 評価技術研究会(主査:京都工芸繊維大学 角野 広平 教授)      
 ニューガラスを中心に「ガラス製品の開発支援技術の強化と普及」に向け、ガラスの商品化において求められる「各種評価技術について、企業(メーカーとユーザー)における現状と課題それらに関連する大学・公的研究機関の研究、類似材料の評価例など」を話題として取り上げる。講師は産学官の第一線で研究開発に携わる方々とし、「評価技術及び評価の産学官による深化と共有化」を目指す場とする。対象とする技術は、ガラスとその表面に関する分析・解析技術、熱物性・機械物性・光物性・形状等の測定技術とし、本研究会を単独で開催する際のテーマは、「透明材料(サファイア、ポリマー)または非溶融製造プロセス」及び「見学会」を予定している。

(2)セミナーの開催(主査:大阪府立大学 高橋 雅英 教授)    
 ニューガラス製品の研究開発に携わる研究者・技術者等を対象に、ガラス技術及びニューガラス応用製品について、話題性の高い最新技術動向等をタイムリーに紹介するセミナーを年4回(第125回〜第128回)開催し、2018年度のテーマは、「インテリジェンスデバイスの現状」、「ここにもガラス」、「ファイバー」、「光学制御に係る新技術、透明材料」の予定で計画している。セミナーで取り上げるテーマは、技術の深化を目的とする研究会との差異を鮮明にするとともに、様々な分野の方でも関心がもてるテーマ企画を行うことにより、今後の研究・開発などの糧になるような内容として、より多くの参加が期待できることを目指す。また、研究会などのニューガラスフォーラム活動との連携も視野においた特別企画も検討してきたい。

(3)講座の開催  
 ニューガラス大学院 (委員長:愛媛大学 武部 博倫 教授)      
 ガラスの研究・開発・製造・応用に携わる人材の育成に寄与するため、大学教員や企業の研究者・技術者等の各分野の一流講師による、基礎・応用の計17テーマでの講座を各2日、計4日間の日程で10月に東京で開催する。本年度は昨年度と同じく、基礎で材料科学からガラスの諸物性について、応用では製造フローに沿っての各技術の講座とし、両課程の性格をより明確にして、企業の若手研究者・技術者や大学院生の他に、GIC会員やガラスに関心を持つユーザー及び他分野の研究者・技術者などにも呼び掛け、中堅の方々の受講も募る予定である。尚、昨年要望の多かったテーマを特別講義としてプログラムに織り込み、受講者の満足度を高めるように企画する。

(4)若手懇談会の開催 (会長:日本板硝子梶@中村 文)      
 若手懇談会は、広く様々な事業分野から集合している当会の会員会社及び当会に関連の深い産・学・官の若手(2018年度登録会員29名)が、最新のニューガラスに関する研究・開発課題・用途に関し意見交換を行う。また、人的交流を深め、将来のニューガラスの発展と産業を支える人脈作りを目指して活動する場であり、会の運営は若手懇談会役員(13名)が自主的に行い、年5回の役員会を開催しながら、より多くの方が参加希望する興味ある会を目指し運営に当たっている。本年度のメインテーマは「ガラスの新たな可能性」とし、年4回の講演会を開催し、1回当たり3件の講演を予定している。内1回は現場を直に知る機会とするため、見学会を実施する。本年度は7月に「国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)(神奈川県:横須賀)」を訪問する予定である。

(5)見学会の開催       
 ガラスに関する知識・知見の向上と交流を図るため、会員企業やガラスに係わる企業・施設等を訪問する見学会を年1〜2回程度開催するが、例年通り、内1回は若手懇談会の見学会と兼ねて実施する。会員企業に絞った見学会については、そのニーズと可能性を再度調査、検討していく。

5.ニューガラスに関連するデータベースの構築、維持及びその提供 (定款 第4条第1項第5号関係)

 国際ガラスデータベース”INTERGLAD”(委員長:東京大学 井上 博之 教授)   
 ガラス特性及び構造データの追加登録、収録データから新規ガラスの特性予測や組成設計を行う機能の充実、操作性の向上を本年度も継続して行う。また、普及のためのPR活動や、その一環でもある講習会を開催し、これらを通じて寄せられたユーザーからの要望への対応や、インターネット環境の変化も反映させたシステムや機能の改良・整備を進める。データの追加登録では、データ入力担当者の入替えがあったので本年度は入力体制の整備、強化を図る。一方、機能面では最適組成設計機能、Webブラウザの対応範囲を広げる機能を完成させ、現在のVer7からVer8へのバージョンアップを図る。尚、昨年度プロトタイプ版を作成したJava等に制約されないWeb版についても検討を進める。これらの改訂・改良を継続的に行うことにより、さらに利用者の満足度を高める。

6.ニューガラスに関連する産業及び科学技術に関する機関誌の発行
   (定款 第4条第1項第6号関係)

 機関誌“NEW GLASS”の発行 (編集委員長:名古屋工業大学 早川 知克 教授)     
 ニューガラスに関する国内外の新製品・新技術の紹介、内外のニュース、関連産業の動向技術解説等を内容とした機関紙“NEW GLASS”を年に3回発行し(7月、11月、3月)、会員、一般購読者(約90名)に提供する。発刊あたっては、学、産の編集委員による編集委員会を年3回開催する。編集委員は昨年度から産からの委員を2名増員し、内容などの情報の幅を広げると共に、「特集記事」のテーマ選定は当会で開催される研究会、セミナーのテーマとの連動を意識して、さらなる内容の充実を図る。

7.ニューガラスに関する標準化・規格化の調査研究 (定款 第4条第1項第7号関係)  
 
 JIS原案作成団体として、JIS(ガラスの測定・評価方法)の維持・改廃検討を、日本規格協会とも連携しながら継続する。また、ガラス物性や特性の測定、評価技術を中心に、新たなテーマ探索の必要性(ニーズ)を探っていく。

8.ニューガラスに関連ある内外の団体、学会及び研究機関との交流及び協力 (定款 第4条第1項第8号関係)
 
 (1)経済産業省・NEDO・材料関連団体連絡会(*)に参加することにより、素材や材料の関連団体情報を交換し、また、国家プロジ   ェクトの状況、研究開発戦略の動向等の情報収集を継続する。
 (2)国内のガラス関係6団体で構成される「ガラス産業連合会(GIC)」の環境広報部会活動ならびに環境技術部会活動に参加し、   プロセス・材料技術部会の事務局を担当して、諸活動の推進を行う。
 (3)2018年9月に開催されるガラス国際会議(ICG)年会に向けて、組織委員会の一員としての準備活動を完遂するとともに、セラ   ミックス協会(ガラス部会)やガラス産業連合会、そして、関係する学界等との連携をさらに密にした取組みを行う。
 (4)ガラス産業連合会の他団体や外部の関連団体(機関)との、技術的な面での連携を積極的に模索する。

9.前各号に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な事業(定款 第4条第1項第9号関係)

(1)溶融シミュレーション事業 (主査:東京工業大学 佐藤 勲 教授)    
 NEDO先導研究「直接ガラス化による革新的省エネルギーガラス溶解技術の研究開発」(2005〜2007年度)とNEDOプロジェクト「革新的ガラス溶融プロセス技術開発」(2008〜2012年度)においては、ハードウエアである試験炉の開発と、その開発を支えるソフトウエア(GICFLOW(*)、溶融シミュレーションプログラム)が作成された。このソフトウエアを一般のガラス溶解炉にも適用可能にし、プロジェクトの成果をガラス業界に役立てていく目的で、NEDOプロジェクトに参加していなかった企業にも呼びかけて、2008年度から「溶融シミュレーション研修会」を組織し、これを溶融シミュレーション事業と位置付けてきた。6年間の活動を通して一通りの技術移転を完了し、2015年度からは「溶融シミュレーション研究会」と名称を変更して、溶融技術の深堀に活動の軸足を移している。
2018年度も引き続き、研究会を年3回(第10回〜第12回)開催する。具体的には、シミュレーション技術のGICFLOWに係わる討論の部と、溶融プロセスのシミュレーション技術および溶融プロセス全体を視野に入れた講演の部を行うことにより、溶融技術者が交流できる場を提供していく。
       * GICFLOW:Glass Intelligent Cord/ Glass Flow Simulator

(2)気中溶解技術の普及 
 研究を終了したNEDOプロジェクト「革新的ガラス溶融プロセス技術開発」(2008〜2012年度)の成果の普及を図るため、昨年度に引き続き同技術の特徴が発揮しやすいガラス製品分野を中心に、国内企業への宣伝・啓蒙活動、あるいは技術・ノウハウの提供・指導等を進めていく。昨年度に引き続き、ラボ用の小型バーナーを使用して、実用化および新素材開発のための取組みを支援していく。

トップページへ戻る